農業 漁業 素材 エネルギー 環境 建設 不動産 物流 モビリティ ロボット 旅行・観光 IT・先端技術 医療 ヘルスケア 育児 教育 介護 人材 行政 フード

第5期MURCアクセラレータLEAP OVER

応募期間
2021年10月25日〜2021年12月23日
事業者・団体情報
Webサイト
お問合せ先

プログラム概要

LEAP OVERは「持続可能な地域社会の実現」に向けて社会課題をビジネスで解決することを目指しています。社会課題解決の中心人物は、技術力や発想力・スピード感を有する「スタートアップ企業」であるとの仮説のもと、彼らには不足するリソースやノウハウの提供者として「大企業・地域中核企業」、また、課題や実証フィールドの提供者として「自治体」にご協力頂く「3者による共創の場」が必要であると考え、MURCアクセラレータLEAP OVERをスタートしました。第5期では、三菱電機株式会社と株式会社ウエストホールディングス、三谷産業株式会社のパートナー3社に加え、実証フィールドをご提供頂く協力自治体も国内最大級の体制を構築し、「グリーンテック」「既存産業DX」「ライフ・ワーク改革」の3つのテーマでスタートアップ企業をお迎えできることになりました。これまでの集大成として、最大級の成果にコミットしてまいります。
                                                    LEAP OVER事業統括 杉原美智子

①LEAP OVERは、持続可能な地域社会をビジネスで実現するために、パートナー企業と協力自治体の協力を得ながら、IoT・AI・Roboticsといった先端技術を有するスタートアップの成長にコミットする約4か月間の実証フィールド提供型アクセラレータプログラムです。
②プログラム期間中の実証実験等を通じて、スタートアップが、パートナー企業や自治体との事業提携の可能性を模索できるようにします。実証実験等の実施に当たり、パートナー企業・協力自治体に業界知識や実証フィールド等を補完いただきます。※実証実験等に係るコストは基本的にスタートアップに負担いただくことを想定しておりますが、取り組み内容によって一部パートナー企業がコストを負担する可能性もございます。
③スタートアップが資金調達の機会を掴み取れるよう、投資家情報・資本政策情報を提供します。加えて、VCメンターである投資家によりアドバイスを行います。
④LEAP DAYにおいて選考員により最優秀賞を決定します。最優秀賞受賞企業には事業支援金として50万円を提供し、MURCとの協業(成果報酬型のコンサルティング契約)を検討します。

プログラム参加のメリット

<参加メリット>
①自前では充分でないリソースを確保
・専門家等からメンタリングや教育プログラムを受けられることで、足りていない知識や知見を補い、ビジネスをさらに高度化
・大企業や自治体、VC等とのネットワークを構築
②PoC型プログラムで成果(成長・実績・事例)にコミット
・パートナー企業や協力自治体との実証実験の機会を得られ、必要とされるビジネスを構築
・実証実験に取り組むことで、短期間で小さな実績・事例を積み上げ、成果として対外へ発信
③コンサルタント・研究員が伴走する安心感
・弊社コンサルタント・研究員がファシリテーターとして参画し、パートナー企業・協力自治体とのコミュニケーションをサポート
・プログラム終了後も、コンサルタント・研究員がパートナーとして協業することが可能に
④イノベーション・プラットフォームのスケール感
・スタートアップ・企業・自治体が協創していくイノベーション・プラットフォームへの参画により、「持続可能な地域社会を実現」し、かつグローバルに拡大し得るビジネスを創出

<パートナー企業各社の提供リソース>
■三菱電機株式会社
1.仮説構築の支援
 ・プログラム期間のなかで実行可能な目標の設定、マイルストーンの策定を支援。事業アイデアの段階からメンタリングが可能
 ・仮説構築から仮説検証まで、総合電機メーカーならではの幅広いドメイン知識を活かした一気通貫の支援が可能
2.ネットワーク
 ・関連性の高い事業部、又は子会社や関係会社との面談の機会を創出、事業アイデアに対してフィードバックを得ることが可能
 ・当社グループだけに留まらず、モノづくりから資金調達までネットワークを活かした支援が可能
3.PoCフィールド
 ・目的や目標に沿った実証フィールドの探索を支援
 ・プログラム期間に限らない、中長期的な取り組みについても議論の場を提供
※三菱電機の事業(重電システム・産業メカトロニクス・情報通信システム・電子デバイス・家電機器)については、こちらを参考にしてくださいhttps://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/gaiyo/review/index.html

■株式会社ウエストホールディングス
1.SDGsの王道は省エネだ。省エネ事業規模 国内最大級
 ・空調機器、LED照明の累計設置先(2,394件)
 ・中小企業取引基盤を有する地方銀行83行(8,000店舗)、自治体17、会計事務所9事業所、工務店135社との提携ネットワーク
2.次世代の再エネに挑戦 太陽光発電施工件数 日本No.1*
 ・太陽光発電施工実績64,000か所(メガ、水上、自治体、産業用、住宅用、営農型等) 
 ・太陽光に留まらない、顧客の更なる再エネニーズ(次世代太陽光・小型水力・小型風力等)にアプローチが可能
  (*)当社調べ(2021年5月時点)
3.高度な技術を有する技術者 
 ・オペレーション&メンテナンス受託数業界トップクラス1,224件(特高・高圧474か所、低圧750か所))
 ・専門誌(オーム社「新電気」)に連載を持つほど高度なスキル・知見を持つ数多くの技術者が、次世代太陽光・小型水力・小型風力の研究開発をサポート

■三谷産業株式会社(ケミカル事業部)
1.製造工場1,200社を含む5,000社以上の取引先網
 ・日本及びベトナムに様々な業種(化学・食品・医薬・農薬・鉄鋼・パルプ・樹脂等)との取引先ネットワークを保有(中小〜大企業まで幅広く)
 ・上記取引先の様々なニーズ、シーズを引出し繋げる場の提供
 ・全6事業部が有する、多種多様な顧客網
2.製造工程における環境負荷低減に向けた共創
 ・3R(リサイクル、リユース、リデュース)に関する)環境サービスメニュー*の保有
 ・環境技術の実証パートナーを多数保有
 ・環境サービスに関する特許保有(ブラスト、触媒)
  (*)リサイクル:希土類・レアメタル・非鉄金属回収、廃溶剤の再生
    リユース :廃液の再利用、廃プラ・廃材の再資源化
    リデュース:バイオ製剤による廃水余剰汚泥削減、特殊触媒による排ガス削減
3.出資検討機会
 ・サービス開発・成熟度合いに応じた、プログラム中の事業提携や共同開発、出資を検討
 ・出資例:(株)JUNTEN BIO(抗体医薬分野での免疫抑制技術の開発)、(株)HRBrain(人事評価クラウドサービス )

プログラム詳細

スケジュール

  • 2021年10月25日〜2021年12月23日
    応募期間
  • 2021年11月12日〜2021年11月26日
    プログラム説明会(全3回・オンライン)
    申込は、公式WEBサイトで受け付けております。
    https://www.digitalsociety.murc.jp/leapover/accelerator/5.murc
    ・第1回:11月12日(金)17:00~19:00
    ・第2回:11月19日(金)17:00~19:00
    ・第3回:11月26日(金)17:00~19:00
    <参加メリット>
    ①プログラムの詳細が聞ける(QAセッションあり)
    ②パートナー企業の参画目的・求めるスタートアップ像等が聞ける
    (第1回のみ、パートナー企業がリアルタイム参加予定。第2回以降はビデオメッセージのみ)
    ③パートナー企業と個別面談が可能な「個別相談会」の優先予約権
  • 2021年12月24日〜2022年01月11日
    1次選考
    書類選考。結果はメールで通知いたします。
  • 2022年01月27日〜2022年01月28日
    BootCamp兼2次選考
    2日間にわたるPitch選考になります。1日目はFirst Pitchとパートナー企業・協力自治体との個別面談、2日目は1日目の面談内容を踏まえ修正したFinal Pitchとなります。

募集要項・注意事項

主催
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
webサイト
https://www.digitalsociety.murc.jp/leapover/accelerator/5.murc
お問合せ先
leapover-accelerator@murc.jp
募集対象
以下すべてを満たすスタートアップを募集します
・「持続可能な地域社会をビジネスで実現する」ことを目指すシード・アーリー期およびミドル期のスタートアップ
・パートナー企業、自治体とPoC(実証実験)を実施したい、IoT、AI、Robotics、バイオ技術等の先端テクノロジーを有するスタートアップ
・①クリーンテック、②既存産業DX、③ライフ・ワーク改革の3つのグループに価値を提供するスタートアップ
応募条件
① 日本国内で法人格を有し、既に事業運営が開始されていること
② AI、IoT、Robotics 等の技術を有し、プログラム期間中にサービスまたはプロトタイプを作成する能力・体制があること(外部のリソース活用も可)
③ プログラムには原則意思決定可能な代表者が参加すること
④ 2 次選考時点において、決算書(2 期分)、履歴全部事項証明書を提出できること
⑤ 反社会的勢力に該当しないこと
⑥ ビジネスプランが公序良俗に反していないこと
応募規約資料
応募規約1636020319.pdf
このプログラムにエントリー!
第5期MURCアクセラレータLEAP OVER
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
応募